プログラミング教室プレスタは個室で個別学習! だからマイペースで大丈夫

習い事に通わせることを考えた時、お子さんの性格によって、合う教室・合わない教室というのがどうしてもあります。人見知り、緊張しやすい、内気な性格といった場合は特に気を付けてあげたいですね。それを無視して教室を決めてしまうと、お子さんが馴染めなくて、学ぶ意欲をなくしてしまうかもしれません。子どもの気持ちに寄り添った、習い事の選び方とは?

目次

大きな教室で集合教育は、子どもにとってストレスかも

小学校のように1クラス約40人の生徒が一緒に学ぶ教室というのは、考えてみると不自然な集まりだと思いませんか?

学校側で調整しているとはいえ、見知らぬ者同士が、ある日突然クラスメイトになるのですから。

新学年のクラス替えはワクワクドキドキでしたよね!

40人もいれば、気が合う人、合わない人、どちらでもない人がそれぞれ10人くらいいて、それぞれとうまく付き合っていかないといけません。

社会性を身に着けるために必要な経験とはいえ、子どもたちにとっては大きなストレスに違いありません。

そのうえ、習い事でまた別のクラスに所属して、その社会に馴染むのも大変なことです。

人見知りは、むしろ普通と割り切る

子どもが慣れない環境に溶け込めず、友達の輪になかなか入れないのはよくあることです。

それでも、時間をかけて少しずつ仲良くなれたり、何かのきっかけで嘘みたいに友達ができることもあります。

保護者としては、それを期待して新しい習い事に通わせることがありますが、思い通りにならないことも多いものです。

大人の世界でも、新しい職場や上司との付き合いは苦労しますからね。

ですから、「うちの子は人見知りが激しい」とか「なかなか友達ができない」というのは、むしろ普通と思って割り切っていいのではないでしょうか。

その習い事で一番手に入れたいものは何?

習いたいことがあるけれど、教室に馴染めるか心配で一歩踏み出せないお子さんの場合。

やりたいことが決まっているのであれば、それを学べることが最優先事項ですよね。

「新しいお友達ができるかも」とか「人見知りが直るかも」というのは副産物であって、それを期待しすぎると目的がぼやけてしまいます。

子どもの性格に寄り添って、大勢のクラスを避けたり、相性のいい先生がいる(担当がコロコロ変わらない)教室を探してみてはいかがでしょう。

小さな個室で個別学習のプログラミング教室やってます

茨木市のプログラミング教室プレスタは、一度に3名までしか入れない小さな個室で授業を行います。

最大3名ですから集合教育はできません。一人ずつの個別学習です。

クラスが固定していないので、誰がいるか気にせず、自分の学習に集中できます。

先生との距離が近いですから、わからないことがあればすぐ声を掛けられます。

先生からも、生徒さんの顔がよく見えるので、困っている様子があれば聞いてあげることができます。

テーブルのプラレールはたまたま置いてただけです(笑)

プレスタはマイペースなお子さん大歓迎!

お子さんが次のような場合、プレスタをぜひお試しください。

  • とにかくマイペースなので、先生や他の生徒さんに迷惑をかけないか心配
  • 友達の輪に入るのが苦手、一人でいるのが好きなタイプ
  • あがり症、緊張しやすいタイプのため、人前で発表したりするのは苦手
  • おとなしい性格のため、先生に質問するのをためらいがち

とにかくマイペースなので、先生や他の生徒さんに迷惑をかけないか心配

「うちの子はマイペースで言うことを聞かないので困っています」

という保護者様の声は、意外とよくあります。

しかし、「自我の意識が強く、自分なりに譲れないこだわりを持っている」と言えばどうでしょう?

発明王のエジソンやアインシュタインの子ども時代はさもありなん、と思いませんか。

ただのわがままで、まわりに迷惑をかけるようだと困りものですが、自分の世界を大事にしているのはいいことです。

集団の中だと「和を乱す」と言われてしまいそうですが、一人で集中できる環境を用意してあげれば、才能を発揮できるかもしれません。

友達の輪に入るのが苦手、一人でいるのが好きなタイプ

家の中では元気がいいのに、外に出るとすっかりおとなしくて、友達の輪に入れないというお子さんも珍しくはありません。

友達が少なくても別に恥ずかしいことではないですし、本当に心を許せる親友が2~3人いれば十分という考え方もあります。

一人で好きなことに没頭したいというお子さんもいます。それはそれで素晴らしい才能です。

このタイプも、自分の世界を大事にしているといえます。

個別学習のプレスタなら、まわりの雑音を気にせず、プログラミングに没頭できることでしょう。

あがり症、緊張しやすいタイプのため、人前で発表したりするのは苦手

他校の話ですが、プログラミング教室のなかには作品の発表会をしたり、作者によるプレゼンテーションをしたりしているところがあります。

しかし、「プログラミングはしたいけど、発表会はイヤ。」というお子さんもいます。

保護者としては、発表会などの経験をさせたいとお考えでしょうが、無理強いすると逆効果になりかねません。

プレスタでは発表会というイベントはありませんが、学習後に先生が作品について聞いたりして、その子なりの考えを話してもらうようにしています。

おとなしい性格のため、先生に質問するのをためらいがち

先生に質問するのが恥ずかしい、緊張する、というお子さんもいます。

他の生徒がいる前だと難しいという場合、1対1であれば気軽に聞きやすいかと思います。

先生との距離が近いプレスタなら、恥ずかしがることなく質問できるはずです。

プレスタは個別学習しかできません

申し訳ございませんが、プレスタは個室で1~3名の個別学習しかできません。

大人数の集合教育や発表会はできませんので、あらかじめご理解ください。

次の様なご要望にはお応えできません。

  • 他の生徒と競い合って成長させたい
  • 設備が豊富な大きい教室で学ばせたい
  • 発表会・プレゼンテーションをやってほしい

人見知りやマイペースの小学生向けプログラミング教室をお探しの方へ

ロボットプログラミングを親子で体験してみませんか。

無料体験を毎週開催しています。お試しで気軽にご参加ください。

詳しいご案内はこちら▼

あわせて読みたい
【習い事】新学年からプログラミングをはじめるなら今のうちに体験しとこ![無料体験教室]毎週開催中 【新学年の習い事は、冬のあいだにリサーチが吉】 新学年に向けて「子どもの習い事、どうしようかな?」とお考えの方へ。年度末で忙しくなる前に、情報収集をはじめませ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

代表:溝口光徳(みぞぐちみつのり)1971年 大阪生まれ。銀行系の情報システム会社でシステムエンジニア、システムコンサルタントを歴任。新卒から24年勤めたのち、46歳で独立。異業種に挑戦するなど試行錯誤を経て、プログラミング教室プレスタを開校した。趣味は鉄道旅行で、JR全線完乗したのが自慢。鉄道サークルの代表を務めている。 保有資格:(経産省認定)アプリケーションエンジニア、システム監査技術者、他に 総合旅行業務取扱管理者

目次
閉じる